2020年12月、川崎大師への散歩の続きです。


川崎大師を出て、多摩川に向かいます。

DSC_1337
東門前駅通りの踏切です。
背後は東門前駅になります。
産業道路をくぐる地下線への開口部が見えています。地下に入るとすぐ大師橋駅です。
地下化工事の完成は平成31年(2019年)3月で、翌令和2年(2020年)3月にそれまでの産業道路駅から大師橋駅に変更になっています。

DSC_1338
多摩川に出ました。
遠くに見える白い橋柱の斜張橋大師橋です。

DSC_1339
大師橋です。
下り線側3車線分平成9年(1997年)完成上り線3車線分平成18年(2006年)に完成しています。
この橋、どことなく変です。先にかかった下り線の橋柱は左岸側にあり、ケーブルは橋の左岸側半分くらいまでしかありません。それに対し、上り線側は柱が右岸側にあり、ケーブルも右岸側半分くらいしかありません。ケーブルのない部分には橋脚が短スパンで橋を支えています。せっかく斜張橋でスパンを長くとっている部分に、反対側の橋脚が立つ形になります。なんのために?シンメトリーな景観のためでしょうか?航路とする側に上下線とも長スパンの部分を持ってくるのが普通かと。

DSC_1341
大師橋のスロープを降りたところに、羽田神社があります。

DSC_1340
羽田神社は、羽田の氏神様です。羽田空港もこちらの氏子区域に含まれますね。
ご祭神は、須佐之男命稲田姫命。ご夫婦ということで縁結びの神様です。
由来は、800年前の鎌倉時代に、羽田浦水軍の行方氏が牛頭天王を祀ったことに始まるそうです。

DSC_1347
境内には富士山があります。羽田富士です。
明治初年に作られたそうです。

DSC_1349 (2)
これは、鳳輦(ほうれん)でしょうか?鳳輦庫に入っていました。
肝心の頭が欠けてしまいました。鳳輦であれば、屋根の上には鳳凰の飾りがあります。天子の乗り物のことで、明治天皇が東京奠都の際に乗ってました。

羽田神社の狛犬たち
DSC_1342 (2)
DSC_1343 (2)

DSC_1346
羽田神社の御朱印、頂きました。
御朱印の飛行機はB747でしょうか?

羽田神社を出て産業道路を少し北に歩くと、弁天橋通りに出ます。ここからしばらく弁天橋通りを東に進みます。片側一車線のバス通りで、少し歩きにくいですね。この道をまっすぐ進めば羽田空港ですが、途中の一方通行の道を北に入ります。

DSC_1350 (2)
また、線路を渡ります。京急空港線です。

ちょうど快特羽田空港行きが来ました。
これは、千葉ニュータウン鉄道9200形ですね。前回、千葉ニュータウン鉄道9800形に抜かれた際に、少し話題にしました。京成3000形(2代目)の設計を流用して1編成だけ新製したレアものです。

DSC_1352
穴守稲荷神社です。
ご祭神は、豊受姫命です。伊勢神宮外宮の神様ですね。
ご由緒は、社史によると文化文政のころに鈴木さんが埋め立てて鈴木新田を作りました。ところが沿岸の堤防が波で穴があいて困った村民たちがお稲荷さんの祠を設けたところ、水害が収まったことによるそうです。以前は羽田空港B滑走路付近にあったものの、終戦直後のGHQ命令で周囲の民家とともに現在地への強制的な遷座があったものです。

DSC_1356 (2)
お稲荷さんといえば千本鳥居です。奥之宮に通じています。

DSC_1358
奥之宮です。

DSC_1357
奥之宮の上に登る階段があります。
稲荷山で、上には御嶽神社があります。

DSC_1354 (2)
DSC_1353 (2)
お稲荷さんですから。
一方は子供を、もう一方は珠ですね。

DSC_1359
穴守稲荷神社の御朱印、いただきました。

先ほどのバス通り(弁天橋通り)に戻り、東に進みます。
DSC_1360
辨天橋です。
海老取川に架かる橋です。

DSC_1361
旧穴守稲荷神社大鳥居です。
戦後、進駐軍により、鈴木新田と穴守稲荷は48時間以内の撤去が命じられ、神社は現在地に遷座しましたが、この鳥居だけは撤去しようとすると事故が起こるんですね。マッカーサーもあきらめ、鳥居だけは空港敷地内に残されていました。昔は空港ロビー前の駐車場の中に立っていた記憶があります。もっと大きかったと思うのですが。平成11年(1999年)に、羽田沖空港拡張事業の際に、現在のB滑走路の位置からここに移動しました。慎重なるお祓いの上で。

DSC_1364
コロナです。飛行機たちが暇しています。

DSC_1367
天空橋駅からモノレールで帰ります。

スクリーンショット 2021-11-15 192106
ここまでの散歩は9.99kmだそうです。あと10m…。

スクリーンショット 2021-11-15 193256
これは東京モノレール1000形ですね。空港快速でしょうか、猛スピードで通過していきました。といっても最高時速80km/hですが。動画からの切り出しです。
平成元年(1989年)デビューです。そろそろ引退が始まっています。
この編成は、1049F編成、500形復刻塗装です。


DSC_1368 (2)
これは、東京モノレール10000形ですね。
2014年(2014年)デビューで、現在も1000形を置き換え、増備中のようです。
この青い電灯は車幅灯だそうです。目的が分かりません。優等列車表示灯ならばわかるのですが、なぜ車幅?

スクリーンショット 2021-11-15 193030
昭和島駅でまた抜かれました。
いま、ポイントがグネッと切り替わっているところです。

DSC_1369
最後は、浜松町の貿易センタービル地階の食堂街へ。
昔はよくお昼を食べに来ました。建て替えが決まっており、かなりのお店が退去済みですね。2021年6月には閉鎖になっているようですね。